【カリギュラOD】トキメキ*リベリエ/スイートP

【カリギュラOD】トキメキ*リベリエ/スイートP

カリギュラのステージ曲を解説する記事の二回目。
今回はステージ2、スイートPが取り仕切るショッピングモールのBGM。

曲調はとても少女然としており、歌詞も「フリルのドレスで終わらないティータイムを」などの
少女たちのお茶会のような雰囲気を持っています。

可愛らしい感じの曲、と表現するのが正しいのでしょうね。


【カリギュラOD】トキメキ*リベリエ/スイートP

スイートPの正体



まぁ楽曲を作ってるのもちょっとやりすぎた雰囲気もある女の子。

……………………。は、仮の姿。

中身はおっさんです。
現実世界ではラーメンのブログを書いているデブ男。
それがスイートP。

因みに次のステージで判明するのですが、容姿は女の子でも質量はデブ男のままだそうです。


【カリギュラOD】トキメキ*リベリエ/スイートP

デブ男も女の子になれる理想の世界



つまり性別すら偽ることもできるのがメビウス。
アニメ版でそこまで深く語られませんでしたが、
現実世界で凄い偏見を受けたために女の子になりたいと願ったのでしょう。
そしてどんなに食べても太らない理想的な身体に。

リベリエ(reverie)とは (目覚めている時の)幻想、夢想、幻想曲。
つまりトキメキの夢物語。


【カリギュラOD】トキメキ*リベリエ/スイートP

トキメキ*リベリエ/歌詞



1番はまさしく(男から見て)憧れの女性の姿。
というよりは、まさしくオタクが思い描くキャピキャピ(死語)した女性像といった感じ。
こういう女の子が好きだという願望でしょうか。

対する2番の歌詞は
「本当の私に 牙を向けないで」=「現実世界の自分(デブ男)を非難しないで」
「寝ていたいの 目覚ましどけてね 邪魔しないで」=「ずっとメビウスにいたい」

こんな風に、ずっとずっとメビウスで女の子やっていたいと語られています。
まさしく「夢見る逃避行」


【カリギュラOD】トキメキ*リベリエ/スイートP

怒りあふれるRemix版



そんなトキメキ*リベリエのボス専用Remix版は原曲と一変、
スイートPの怒りが心の奥底から伝わってくるようなおどろどろしい曲となっています。

ステージ中は明るいショッピンのような雰囲気を漂わせていたのに、
同じ歌詞でも180度異なる印象を与えるアレンジになっています。

Remixでもこういう変化があると面白いですよね。

トキメキ*リベリエとは
現実世界で嫌な想いをした男が理想の世界で女の子になり、
今が凄く幸せだからもう絶対帰りたく、邪魔するなと叫んでる曲です。


コンポーザー(現実)



トキメキ*リベリエの楽曲を担当しているのは「OSTER project」
初音ミクの発売からすぐに発表された「恋スルVOC@LOID」という曲で
ボーカロイド文化の火付け役となった方だそうです。

Remixも同時に担当しているので、一度作った曲を全く別の方向性に変えるテクニックも凄いですね。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :