【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方

【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方

前回対人立体機動装置の特徴の話をし、しばらくプレイして戦い方がわかってきたので
本日は銃による効率のいい戦い方とは何か、と。

因みに私が未だにインフェルノを一度もプレイしてないので、基本的にハードまでの難易度として御覧ください。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
1.刀身(ブレード)との違い

最初に刀身と銃身の違いについて。
前回も書きましたが、銃身は刀身と違って遠距離攻撃ができます。

とはいえ実はゲームシステム上『超長距離射撃』は基本的に当たりません。
とある一つの武器を除き(後述)。

銃弾を発射してから巨人にヒットするまで間があります。
所謂弾速。

銃身の種類によって弾速は設定されていますが、一番速いものでも即座に命中とは行きません。
故に動いている標的には偏差射撃をする必要がありますが、ご存知これは進撃の巨人です。
立体機動装置によりプレイヤーは常に移動しているのです。

その状態で偏差射撃をしようなど、かなりのプレイヤースキルを要求されます。
そのため巨人が動き回っている場合、至近距離で撃たないければ当たらないのです。

では対人立体機動装置は何が有利か。
ずばり、攻撃へ移行するまでのタスクの少なさです。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
2.銃の仕組みとダメージソース

前回の記事で書いたとおり、銃はキャラが巨人の方を向いていればどの場面でも攻撃できます。
その分単発の威力は低くなっていますが手数として十分なアドバンテージを持ちます。

刀身で攻撃する時は
ロックオン → ワイヤー射出 → 部位選定 → 加速 →斬撃

と手順がつきますが、銃はロックオンなしでも射撃できます。
スイング移動中には連射力が上がり、巨人にアンカーを打ち込む必要もありません。

これが銃の最大の利点。
銃に慣れると刀身で一々ロックして突っ込むのが面倒になります。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
3. 銃の欠点

銃の欠点はずばり単発攻撃力の低さと部位破壊のやりにくさです。
威力に関しては手数武器なので仕方ないところがあります。

ただ高難易度の後半ミッションになってくると、巨人を倒すのにどうしても時間がかかってしまいます。
この点はうなじだけを狙うなら刀身の方が早くなります。

もう一つの部位破壊のやりにくさは部位をロックできないことに起因します。
刀身のように部位を選んで攻撃できないため一箇所を集中攻撃するのは苦手です。

ただ、前回も部位をロックする方法はないと書きましたが、擬似的にロックすることはできます。
それがブレイクトリガー。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
4. ブレイクトリガー

銃の特殊技能の一つ。
一定時間部位を固定し、攻撃全てがクリティカルになる効果を持ちます。
因みに疑似ロックしている部位を破壊するとクリティカル効果は消えます。

これを使うとある程度固定して部位を狙えます。
が、銃がそもそもレティクルに近い部位を攻撃対象にするため、部位ロックの容易さは刀身に劣ります。

また欠点1である攻撃力の低さもブレイクトリガーのクリティカル効果で潰すため、
対人立体機動で攻撃する上ではブレイクトリガーに慣れるのが最初の課題です。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
5.ブラスターシリーズ

さて、ここまで銃の攻撃方法を書いてきましたが、その欠点を尽く潰してくれる素敵武器があります。
それがこのブラスターシリーズ。

威力は普通の銃身より少し高いぐらい。
連射力はやや速い。
弾速は遅い。

と、今までの説明からしたらあまり強くないのでは? と思うかもしれないこの武装、
この武器の特殊スキルが全てを帳消しにしてくれます。
その名は


『レーザービーム』


レーザービームの効力は2点。
1つは部位の貫通。
もう一つは弾速(ほぼ)無視です。

部位貫通はその通り複数部位に当てることができます。
※一応普通の武器でもできないことはないのですけどタイミングがやたら難しい

そして弾速無視が銃の欠点を潰しまくってこれを最強装備にしてしまうほど強いのです。
その代わり通常射撃時のクリティカルが出にくいような気がしますが、
ブレイクトリガーがあるので然程気にしなくても大丈夫でしょう。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方

先程超長距離で銃は使えない、と話しましたがブラスターシリーズは別です。
スキル効果でトリガーを引いた瞬間巨人に攻撃できるため、この武器のみ超長距離が活きます。

その射程は刀身ではどうやっても覆せないほど。

ただ完全に弾速を無視するわけではないので、激しく動いてる巨人に横から撃った場合は当たりません。
また銃身にも刀身同様『有効角度』は存在するので、どう撃ってもダメージを与えられるというわけではありません。
ただそれを差し引いても他の銃身よりもかなり使いやすくなっています。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
6.刀身と銃身、どちらが強いか

では究極問題、刀身と銃身のどちらが強いのか。
これは個人的な見解ですが、使いやすさがはっきりと別れているのでどちらとも言えないです。
そもそもミッション中いつでも切り替えられるのであまり気にする必要もないです。

銃の利点は攻撃移行へのタスクの少なさに起因する早期決戦です。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方

例えばスイング移動中に攻撃できる利点を活かせば、刀身が一体の巨人を倒す前に2人目を倒せます。
刀身の届かない巨人も遠距離から倒せます。

この利点を最大限に活かせば狩りのスピードは飛躍的に向上します。

ただし耐久力の高い敵やスタミナを持つ奇行種に関しては手間取るかもしれません。
この場合、どうしても弾数管理の面で刀身の方が有利です。

また『決戦兵装』込みで考えるとどうしても雷槍の方が強いです。
ガトリングは威力そこそこの弾を、弾速気にせず、高連射力で無限にばら撒けるというだけなので。
しかもその利点すら潰すのがこれ。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
7.対人立体機動における決戦の狼煙

刀身で決戦の狼煙を使用した場合、攻撃力の増加と、ガス・ブレードの減少無効化が加わります。
これを銃身に置き換えるとお気づきでしょうか。

ブレードの減少に該当する『弾数の減少が無効化』されます。
つまり銃身で決戦の狼煙を使用すると無制限に連射できるようになるのです。
これはリロードも必要ありません。

この時点でガトリングの優位性はほぼなくなります。
雷装のように『中距離からロックした部位へ範囲攻撃できる』という特大の利点はないため、
決戦兵装は刀身に軍配が上がります。


【進撃の巨人2】対人立体機動装置 銃での戦い方
5.まとめ

対人立体機動はスピーディに巨人を駆逐したい人にオススメ。
慣れれば巨人にアンカーを打ち込む必要すらなくなります。

スイング移動でできるだけ高度を維持し、うなじを遠距離から狙撃。
これができるようになれば刀身よりも遥かに高い殲滅速度を誇ります。

反面単発攻撃力と部位の破壊に向かない欠点はあります。

あとスキルの一つに『フリーシューター』というものがあり、
巨人をロックしていないときに攻撃力が上昇するという効果ですが、
ロックオンなしで有効部位に攻撃を当てるのは至難の業なので
一般的な兵士-プレイヤー-にとっては死にスキルです。

ということで進撃の巨人2FBの対人立体機動は刀身以上にスピーディで楽しい武器です。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :