【玩具系写真】バンダイSDガンダム クロスシルエット最新作などなど

【玩具系写真】バンダイSDガンダム クロスシルエット最新作などなど

先日ガンプラのクロスシルエットシリーズ最新作、陸戦型ガンダムが発売されましたね。
陸戦型好きの私も勿論買いました。すぐ作りました。そして感動しました。
今回はそんなお話。


【玩具系写真】バンダイSDガンダム クロスシルエット最新作などなど

陸戦型の前に、同時発売されたものにシルエットブースターがあるのですよ。
元々ラインナップされているクロスシルエット用フレームのアップグレード版です。
何が変わったか。

ずばり『旧来のSD体型に近いパーツ』が追加されました。


【玩具系写真】バンダイSDガンダム クロスシルエット最新作などなど

それを装着したガンダムがこちら。
左が通常フレーム、右が新型SDフレーム。

最近のSDのフォーマットである太ももをできるだけ見えなくし、
通常フレームと同じ長さでありながら肘関節を追加した新造パーツがつきます。
さながら旧SD体型ともいうべきフォルム。

ただ私にとってはこの肘パーツのほうが重要で、
今まで通常フレームに肘関節を入れようとするとCSフレームのちょっと延長されたパーツを使うしかなかったのです。
この新型SDフレームの登場で腕の長さを変えることなく肘関節が追加できるのです。
※因みにCSフレームと新型SDフレームの上腕は共通パーツです。つまり選択式。


【玩具系写真】バンダイSDガンダム クロスシルエット最新作などなど

というわけで、通常フレームの脚と新型SDの肘関節を組み合わせた陸戦型ガンダムがこちら。
恐ろしいことにね、この陸戦型ガンダム、目のシール以外素組なんです。
※シールは他に頭部メインカメラにもありますが貼りミスしました。

素組ということはつまり、胸の機関砲も、黄色いダクトも、その縁取りの白も、真ん中の三角も、その下の赤もパーツの色分けです。
しかも白い部分は1パーツ整形です。白の上に紺色の胴体を被せる形。
あと写真では分かりにくいですが、股間の赤い部分の色分けはまだわかりますが、その中心の連邦マークも色分けです。
あと膝の黒いスパイクも色分け。

また組み立てやすさ、パーツの装着感も進化しております。
ザク辺りまで肩の装甲はポロリしやすかったのですが、陸戦型はカチッとはまります。
これフレーム部分は共通なので、陸戦型の肩側にロック機構が入っていることになります(しかも1パーツ整形)。

恐ろしい技術力。
まさしく今まで培われてきた技術の集大成という感じ。


【玩具系写真】バンダイSDガンダム クロスシルエット最新作などなど

付属品も一通り揃っており、陸戦型の代名詞とも言える背部コンテナに
180mmキャノン、マシンガン、ビームライフル、シールドが付属。

180mmキャノンとマシンガンはコンテナに収納可能ときました。
(ただコンテナが重すぎて装着すると仰け反るのですけどね…)

またシールドは接続用のパーツを組み替えれば平らな場所に立てられるようになり、
そして陸戦型にはCSフレーム用の立膝ができるカスタムパーツが付属します。
所謂「輝き撃ち」をさせるためのパーツです。

色んな意味で手が込みすぎていますね。
そしてこれだけやっておきながらお値段1080円なのです。
素晴らしい技術力とお値段設定。
バンダイ様々のとんでもない良キットです。

見かけたら是非購入して作ってみましょう。お布施しましょう。
クロスシルエットの進化は止まるところを知らない。

…………。Ez-8出ます?
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :