【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編

【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編

さてさて、前回はマジンガーINFINITYのユニットについて話をしましたが、
今回はパイロットについてです。

作品設定は原典アニメより10年後。
Zやグレートといったロボットが当時のままの機体であるのに対し、
兜甲児や剣鉄也といったパイロットは成長していきます。

では『マジンガーZ』という作品から10年経ったINFINITYのキャラクターは
果たして他の作品と絡むとどうなっていくのか。
今回はそういったお話。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編
兜甲児

18歳の頃に機械獣、ミケーネと戦った歴戦の勇士。
これ、スパロボTでいうならシナリオのメインを勤める作品から10年前の話になるわけです。

IFINITYでは28歳となり、科学者としての道を歩んでいます。
つまりスパロボTの兜甲児は、今までのスパロボの立ち位置とは全然違う場所にいるのです。


スパロボαにしろ、衝撃Z編にしろ、兜甲児は『今』マジンガーZに乗って戦う戦士でした。
これは機械獣との戦いが終わって、スパロボ的に2年経過している第2次αでも同じことです。

対しINFINITYの兜甲児には『過去』があるのです。

それに関するセリフは随所で見ることができます。
例えばかつて流竜馬や初代ゲッターロボと戦っていた。
例えば一年戦争時代にアムロと共闘していた。
例えばレイアースの光から見れば過去の英雄であり、今は偉大な科学者。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編

あるマップで雷張ジョーと戦えば『ガキの頃のヒーロー』と言われます。
雷張ジョーにとって兜甲児は8歳の時に世界を救ってくれたヒーローです。

こういうスパロボでしか出来ないクロスオーバーのバックボーンがあるのも、スパロボTのINFINITYの魅力ですね。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編
剣鉄也

原作設定で一応18歳の頃にミケーネ帝国と戦い、INFINITYでは28歳(多分)となった剣鉄也。
科学者となった兜甲児と違い、彼は作品中でも軍属としてグレートマジンガーを駆っています。

原典との最大の違いは、グレートマジンガーが一研究所の私兵ではなく国家兵力であること。
そのため一部武装の使用に、戦闘区域への被害を鑑みて制限が掛かったりしています。

その点はサンダーブレークのアニメーションなどで見ることが出来、いちいち承認を受けないと必殺技が使えない仕様。


こうした設定ゆえ、スパロボTの剣鉄也は10年前の英雄であり、歴戦の軍人です。
そのためとても顔が広く、軍人としても大人な剣鉄也を見ることができます。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編

序盤では若い人たちを導く大人な役回り。
軍人としての覚悟やその経験則から『今』のパイロットたちを導いていきます。

クロスオーバーで面白いのは、軍人であるために色々な組織と協力したり、他の歴戦の勇士と交友関係にあることです。
例えばガン・ソードのネロおじいさんとか。
ネロは鉄也がパイロットになった18歳の頃を知っているため、それをヒヨッコと評したり。
そのことで若いパイロットがネロの偉大さを見直したり。
鉄也的には年寄り特有の記憶の改変に巻き込まれたりして大変だったようですが。


こうして剣鉄也は10年前の英雄であると同時に、兜甲児とはまた違った若者にとっての憧れとして描かれています。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編
兜シロー

原典では11歳の子供であり、まだまだ幼いながら、戦闘にも(一応)参加していました。
スパロボ的にもたまにパイロットとして使えました。

そしてINFINITYのシローは『正式な軍のパイロット』です。
原典のような子供の雰囲気はなく、立派な一人のパイロットとしてイチナナ式に乗り戦っています。

スパロボではイチナナ式で戦闘することもできますが、
前回のユニット編で書いた通りZやグレートに乗っても戦えます。

映画内では見せることのなかったマジンガーのパイロットとしての兜シローが存分に楽しめます。
反面、キャラクターとしてはあまりからまないのですよね。
一応ネロおじいさんは過去のシローを知っているようですけど、頻繁にセリフがあるわけでもないので。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ キャラクター編
その他のキャラクター

例えば弓さやかはIFINITYでは新光子力研究所の所長を務めていますし、
原典で科学要塞研究所の所長だった弓教授は総理大臣になっています。
また炎ジュンは今はパイロットを退き、剣鉄也と結婚してお腹に赤ん坊を身ごもっていたりします。

因みに炎ジュンは10年前の活躍もあり、タカヤノリコ達女性パイロットにとって憧れのよう。


そんなわけでスパロボTのマジンガーINFINITYは、マジンガーというスパロボ最古参でありながら最も新鮮なクロスオーバーを見せてくれます。
所詮マジンガー、なんて思ってる人達も是非最新作のマジンガーを楽しみましょうよ。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :