【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編

【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編

前からだいぶ間が空きましたが、今回はスパロボTにおけるマジンガーシリーズの性能について。
因みに間が空いた理由は『最近のスパロボが途中からスクショ撮れなくなるの知らなかった』からです。
画像が準備できなくてですね…。故に使ってる画像はかなりグレーゾーン。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編
マジンガーZ INFINITYにおけるユニット数

まだシナリオが途中なので暫定的になりますが、スパロボTのマジンガー系味方ユニットは

・マジンガーZ
・グレートマジンガー
・イチナナ式

の3機っぽいです。
いやまぁ攻略サイト見れば参戦機体分かるとは思いますけどね。

あまり活躍しなかったビューナスAはまだしもボスボロットがいないような感じ。ボスぇ。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編
マジンガーZ

まずはお馴染みマジンガーZ。
最近のマジンガーZEROやマジンカイザーがどうだったかわかりませんが、このマジンガーもすこぶる堅い。
フル改造すれば強化パーツ無しで装甲は2900、パイロットの兜甲児さん(28歳)もガードを覚えているので非常に堅牢。
またEN消費もそこまで大きくないので単機突撃して雑魚掃除からボスへの一撃必殺までなんでもこなせる万能ロボット。

さすが元祖スーパーロボットは格が違います。

武装も軒並み揃っており、光子力ビームからアイアンカッター、ブレストファイヤーは当然、
劇場で見せた武装全弾発射も搭載されています。

ただ全弾発射でミサイルパンチも発射しているとはいえ、映画で使用した武装で冷凍光線と大車輪ロケットパンチだけ搭載されていません。

冷凍光線はまぁしょうがないとして、大車輪ロケットパンチはダムダムに打ち込んだのが印象的だったので是非欲しかったところ。
次回作に期待というところでしょうかね。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編
グレートマジンガー

戦闘のプロではなく偉大な勇者の方。そういうとマジンカイザーになるって?
一応原作でもちゃんと偉大な勇者なときがあるのでいいのです。

マジンガーブレードを搭載している分、Zよりも近距離に優れるグレート。
まぁグレートタイフーンで遠距離できるのであまり変わりませんけど。

こちらはフル改造していませんが、基本的にはZと同じ性能。
正直言うと、武装性能も殆ど同じなので運用方法も同じです。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編
イチナナ式

量産型マジンガーとも呼べる映画オリジナルの機体。
デザインが柳瀬敬之氏なのでどこぞのガンダムに似てるとか言ってはいけない。

性能的に見ると流石に量産型、装甲をフル改造しても2300しかなく、運動性も高くない。
メイン晴れるほどの性能は流石にないわけです。
が、強化パーツひとつで運用法が大きく変わりました。

エクストラアームズという最強武装の威力を5500に固定する、という強化パーツがあったので
装甲とバリアとエクストラアームズを装備させたらあら不思議、雑魚掃除に打って付けの強機体に早変わり。
敵の攻撃をバリアで防ぎつつ、P兵器 射程1~3 威力5500 消費EN15の格闘を連発できます。

この強化パーツ絶対イチナナ式とかメタスとかトライダーのジェット機とか活躍させるためのパーツでしょう。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編
乗り換えも可能

そして今回、最近の作品でご無沙汰だったらしいマジンガー系の乗り換えも可能。
まぁ最近のマジンガーてZEROとかエンペラーGですからね。
そりゃ専用機になりますよ。

今回はマジンガーもグレートもイチナナ式も普通のスーパーロボットなので、
グレートに甲児さん乗せたりイチナナ式に鉄也さん乗せたり、Zにシローを乗せたりできます。
そして乗せ換えるとシャウトがね、役者さん凄く楽しそうなの。

兜甲児役の森久保さんは原題の兜甲児を意識したキャスティングなので、流石に兜甲児らしい叫び方をしますが、
剣鉄也役の関さんはZに乗せると結構叫びますし、シロー役の花江さんも嬉しそうに叫んでる感じがします。
寧ろシローに関しては映画のバックボーンからしても、マジンガーZに乗れたらかなり嬉しい状況なのでキャストとして合ってるのでしょう。


【スパロボT】スパロボ最新作におけるマジンガーZ ユニット編

そんな感じに、スパロボTのマジンガーはリデザインされたカッコいい躯体に、
従来スパロボのような乗り換えの自由度、そして元祖らしい機体性能と非の打ち所のない高性能機体です。

ぜひ使いましょう。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :