【キングオブブラスト】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

ゾイドファンお待ちかね!
コンシューマとしては11年ぶりのゾイドゲームが発売されますよ!!


格ゲーだけどね!


というわけでゾイドワイルド キングオブブラストの体験版感想です。
なぜ発売直前の今更になって体験版記事?

A.そもそも体験版ダウンロードしたのが21日。


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

さてゾイドゲームで格闘ゲームと言うとストラグルやフルメタルクラッシュが思い浮かびます。
実を言うとキングオブブラスト、開発が同じです。
その名も8ing(エイティング)。
昨今では仮面ライダーバトライド・ウォーシリーズとかクライマックスファイターズを作ったところです。

関係ない話ですけどゾイドゲームに関わった会社で現在『ちゃんとゲームを作っているの』ここだけです。
確かゾイドダッシュを作った場所も残ってた気がしますけどあそこメインでゲーム作ってないですし。


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

実際のキングオブブラストのシステムはというと、
例えるならゾイドストラグル+クライマックスファイターズみたいな感じ。

フィールドを360度駆けながら戦う格闘ゲームです。
2D格闘チックだったゾイドストラグルと違い今回は自由に動けます。


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

良い点としてまず挙げられるのはグラフィック。
スイッチのゲームとしてかなり綺麗に作られていますし、光沢も出ていて機械の雰囲気がよく出ています。
あとモーションも確り作られているのでゾイドらしい野性味溢れるアクションが見られます。

反面格闘ゲームとしてのシステムを見ると若干レスポンス悪いんですけどね。
モーション間にディレイがある上に仰け反りモーションも長いのでゲームテンポが遅れがちです。


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

登場ゾイドにもTV本編にはない色違いがあったり、
亜種ゾイドが出ることも告知されているのでTV本編とはまた違ったゾイドワイルドが楽しめると思われます。

また登場ゾイドのスコーピアはフルメタルにもなかった小型に該当するゾイドです。
(コマンドウルフが小型か中型かで意見が分かれるものの)
中型、大型ばかりで構成されていたかつてに比べてバリエーション的にも面白くなるでしょう。


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

と書いてきましたが、ぶっちゃけ最大の問題がここにあります。
登場ゾイド、公式に書かれていますが


『亜種含め全20種』


つまり、隠していない限り公開されているゾイドで全てです。
ワイルドライガー、ガノンタス、スコーピア、トリケラドゴス、ファングタイガー
ギルラプター、ガブリゲーター、ナックルコング、ステゴゼーゲ、デスレックス

一応フリーダム団とデスメタルのメインはいます。
いますけど、昨今のゲームで10体は明らかに少ないでしょう!?

ゾイドワイルド放送中という期限付きなのはわかりますし、アニメのゲームってそういうもんですけど。
ついでにいうと一作目にして登場キャラ10人という全く同じ土台だったクライマックスヒーローズを作ったのも8ing。
まぁあっちはPS2という制限でよく頑張ったゲームでしたけどね。


話戻して登場ゾイド10体。
亜種がどんな動きをするかわかりませんが10体。
その合計20体、ぽい。

実はデスレックスとファングタイガーは亜種なくてグラキオとキャタルガ参戦、とかしない限りカラバリです。
ハンターウルフは時期的に仕方ないとはいえ、カブター、クワーガ、グラキオサウルス、グソックはあってもいいでしょう?
キャラクターの登場期間的にはキャタルガも。


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

ただこのゲーム、ロード画面にスパイデスがいたりします。
いや体験版配信時まだ本編にすら登場してないんですけど?
搭乗者のイラスト出てしまってますけど?
これだけやっといてゲーム本編に登場しないんです?(決まったわけではないですが)


【ゲーム関係】ゾイドワイルド キングオブブラスト 体験版

と、登場ゾイドの少なさがどうしても目につくゾイドワイルドキングオブブラスト。
ストラグルもゾイド数は多くないですけどあちらはパイロットと機体バリエーションとカスタマイズがありましたからね。
それに比べるとどうしても少なく見えてしまいます。

………。
ゾイドオルタナティブの話は禁止だぞ?


そんなわけあって正直買うかどうかも迷ってましたが、体験版の感触が思ったよりは遊べたので買う所存です。
実際遊んでみてキャタルガとか増えたらいいよなぁ、って淡い期待を抱きながら。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :