【ゲーム系】GEリザレクション体験版やってみるのです

ゴッドイーターリザレクション

今更ながらGER体験版をプレイ中です。
製品版を買う予定は全くないのですが、
プレデタースタイルとはいったいどんなものだろう、
と思った次第です。


しかし序盤プレイ中に思うこと。





凄く地味


ゴッドイーターってこんな地味なゲームでしたっけ?
と思うのはやはり私がGE2からのプレイヤーなわけで、
ブラッドアーツから体験しているからでしょうかね。


かくいう私自身はPS2の頃にモンハンをプレイし、
挙動とか色々、モッサリ具合と敵の耐久値等から
長時間プレイ前提なシステムがだるくてやめましたけど。

GE2をプレイして序盤はBAなしでも快適アクション、
そしてBAが育てばそれなりに爽快なプレイも可能と、
モンハンより遥かに遊び易いGEに惹かれましたね。



そんなGEが(早過ぎる)先祖返り(?)をしたわけですが……。
売りとなっているプレデタースタイルが堪能できるまでは
非常に地味なGEが待っていますね。

プレデタースタイルなしでBAもなし。
武器をぶんぶん振り回して荒神を駆逐する、正しく初代GE。

その様相を表現すると、あぁ地味だって感じでしょうか。
というか現時点だとリンクバーストしてくれる人がいないから、
どうしたってバーストレベルが1どまりになるんですよねぇ。

やっぱりGE2だと最初から全員リンクバーストしてくれますからねぇ。


ゴッドイーターリザレクション

難易度2の途中で唐突に解放されるプレデタースタイル。
最初は突進補食のシュトルムから。

今まで定点状態でしか出せなかった補食が
一気にスタイリッシュアクションへと変わります。

逃げる敵を追い掛けながらパクン。
遠くで隙を伺い急接近してパクン。

そしてシュトルムで一番助かるのは
補食成功→バーストへの移行の早さ。

通常の補食とコンボ補食が成功からよっこいしょで発動するのに対し、
こちらは補食成功! した! ぐらいの感覚で発動。
離脱も断然やりやすい。

これが解放された段階で補食機会が一気に広がり、
新鮮さから地味な地点を脱したような感じもします。


ゴッドイーターリザレクション

そして難易度3の途中でプレデタースタイルのカスタマイズが解放。
ここでようやく5つの項目に補食技を設定できるようになります。

そしてここで気付く。

そういえばクイック補食なんて言う新要素もありましたね、と。

とりあえず現段階で解放されているのは
空中補食、滑空補食、補食後後退、突進補食、範囲補食の5つ。
空中で出せる補食だけ何故二つも解放されているのか…。


ゴッドイーターリザレクション

まぁこんなところでようやくリザレクションらしさが
表れてきたところでしょうかね。

その後プレイしてないので
プレデタースタイルの感想はないのですけど…。

巷での評価は高い方ですし、
もう少しプレイしたら感想も書いてみますね。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :