運は実力なのか、どうなのか

麻雀の役

ちょっとこの麻雀の役を見てくれ。どう思う?
……………………。

えぇ、麻雀やってる人なら分かると思うんですけど、
凄く運任せの役です。

ドラ8はたまにはあるんですけど、
それが全部カンの牌に乗ることは
あまりないでしょう、多分。

これ私が最近やっている麻雀ソフトの一幕。
自分でもこんな役はびっくりですね。



運も実力の内、とは言いますけど、
運はとりわけ実力を以って近づけるもの、ですかね。

例えばイラストの掲示板などを見てると、

「これより上手い人がいくらでもいるのに
その人たちは全然売れてないんだよね」

という意見を見ます。
プロの方々のインタビュー記事などを見ていると、
イラストの世界でヒットするのは
どちらかというと「運」の力が強い、とのこと。

つまりどれだけ上手く描けるものでも、
それを誰かの目に留めて貰うことが叶わなければ、
意味がないということですかね。

そこに介在するのはニーズとかですか。
上手い=売れるではない、ってのが
イラストの面白いところですかね。



ところで簡単な更新は折角Twitterもあるし
そっちでもいいのかなぁあとか思った始末。

ほら、絵の途中経過で一つ記事作るのもなんですしね。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :