【ゼノブレイドクロス】探索の1:登る

ゼノブレイドクロス:遠景01

さて待ちに待ったこの日がやってまいりました。
かの神ゲーと謳われたジャパンRPGの最高峰ゼノブレイド。

その魂を受け継いだモノリスソフトの最新作、


ゼノブレイドクロスの発売です!


私先日唐突にWiiU買いましたと話しましたけど、
何を隠そうこれやるためだけに買いました。

欠く言うWiiだってゼノブレイドのために
買ったぐらいですしね。

さてまぁゼノブレイドとはどんなゲームだったかと言うと
一言に纏めれば広大なフィールドを探索できるRPG
みたいなところでしょうか。

飽くまで私の主観ですけど。


ゼノブレイドの時点で
Wiiという低スペックハードながらその性能を最大限に活かした
美しいグラフィックとその探索範囲の広さ、
マップの構成を大絶賛されたRPGでしたね。

美しいグラフィックと言っているのは、
けっして「綺麗」ではないからです。
ゼノブレイドはグラフィックが結構荒いです。

しかしそんなものでも遠くから見るだけで
美しいと思わせてしまう巧みな技術、技法、
そして美術でユーザーをあっと言わせてくれました。


ではゼノブレイドクロスはどうなのか。
最初の画像をもう一度見てみると


ゼノブレイドクロス

圧巻ですね。
思わずため息の漏れてしまう絶景。
今のゲーム機はこんな景色も再現できてしまう、
そしてそれを可能とする技術者の腕に驚かされます。

しかもですよ?
普通のRPGならあぁ背景綺麗だなぁ
とか思わせて部分もありますが

ゼノブレイドクロスはこれが全て大地です!
この目に映る景色、


全て歩けるのです!!



最高だと思いません?
歩けるんですよ? これら全て。

ゲームの中で
「あ、あそこ行ってみたいなぁ」
と思ったらそれ全て叶えてくれる、
そんなゲームですよゼノブレイドクロス。


……………。
はいすみません、長くなりましたがここまで前置きです。
長くなり過ぎた…。長くなり過ぎたよほんと。

というわけでここで一旦畳みましょう。
興味ある方は続きから。
はい、ではでは。
んじゃうちでもゼノブレイドクロスのレビューとか
攻略とか感想とか書くの?

って言われた、ぶっちゃけそんなことしません。
だって私よりプレイ早い人なんていくらでもいるし
その人たちがレビューとか攻略は掲載してくれます。
遅れて私がやる必要もありません。

では何をやるのか。
そこでこのブログの本分
「変わった楽しみ方を模索する」です。


このゲーム、先程話した通り何処へでも行けます。
何処へでも行けるんですよ?

だったら何処へでも行ってみよう!
というのが私のやること。

更に言えば、美しいと感じる景色は色々あって、
それがロケーションの一つである場合はあります。
でも別にロケーションを全部紹介しようとか思いません。

私が阿呆なプレイして、阿呆な行動して
馬鹿みたいなところに辿りついた果てに
スクショに記録する事が多数です。

普通こんなところ頑張って行くか?

見たいなことをたくさんしたいと思ってます。


ぶっちゃけゲームの進行とか知ったこっちゃないんですよね。
この惑星を隅々まで探索する。
私はそれがしたいが為にこのゲームを買ったのですから。


そうすると手始めに、最初の写真

ゼノブレイドクロス:遠景01

これどっから撮影しているのか。
見てみましょう。


ゼノブレイドクロス:遠景01

まず開始30分ぐらいで
拠点となるNLAのゲート付近に到達します。
因みにこのスクショはもっと進めた後に撮ってます。


ゼノブレイドクロス:遠景01

真ん中に見えるのがゲート入口。
普通はあそこから中へ入ります。
普通はね。
因みにゲートの大きさは大体20~30メートルぐらいです。
多分。


しかしですよ。よく見てみましょう。
右の結晶体。
おあつらえ向きに段差になってると思いません?

これね。登れるんですよ。


え?


と思うかもしれませんね?
もう一度言います。これ


登れるんですよ


このゲーム、前作から進化した点として
ジャンプ力の強化と落下ダメージの廃止があります。
正直この二点が凄く嬉しい。
だって心おきなく色々な実験が出来るようになったんですもの。

前作は高所から落ちると
死んでランドマークに飛ばされて
探索に少々時間がかかってしまいました。

でもクロスはそんな制限ありません!!
落ちたらやり直せばいい! ただそれだけ!!

じゃぁその結晶体登ってどこまでいったの?
というと

ゼノブレイドクロス:遠景01


あの赤丸で囲ったところまで行きました。


え?


と思うかもしれませんね?
でもね、


行けるんです


ゼノブレイドクロス:遠景01

縮尺は大体こんぐらい。
真ん中に映ってる黒いのが我がアバター。

さっきのと見比べると
ここがどれ程の高所に位置するか
わかりますでしょうか。

このゲームはこんなところまで行けるのです。
っていうかこんなところまで作りこまれてるのです。

もうこれだけでワクワクが止まりませんよ。
これからいったいどんなところまで行けるのか。
想像しただけで期待が溢れてきます。


ゼノブレイドクロス:遠景01

それにここからぐるりと見渡せば
あんなのも見えるぐらいですからね。

前作もガウル平原にあぁいうのありましたけど
登れませんでしたしね。

でも今作登れるんですよね?
ドールで飛行できるぐらいですし。

もう早く行ってみたい気持ちが抑えきれませんよ。
でも、まだまだ時間掛かっちゃんだろうなぁ
て思っちゃうのも確か。


そんなわけで、
暫くはゼノブレイドクロス日誌みたいな
冒険で見つけた面白いスクショを
掲載していくような感じになります。

それに合わせてTwitterアカウントとか
画像の転送用に創ったので
そちらも追々公開予定。

まぁコメントなしで
スクショ掲載ばっかりしていく予定ですけどね。

あとプレイヤーネームはテイルでやってます。
見掛けた方はよろしくお願いしますね。

ではでは~
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :