専門学校 最後の課題

2月に入りブログでこの言葉を使うのは恐らく初めてです。
「こんばんは」柳瀬輝です。

いつも挨拶してないのかお前と。
はい、玩具写真とかゲーム系記事では
何故か挨拶をしておりません。

何だろう、玩具写真とかは玩具写真が主であって、
私自身のことではないから私は挨拶をしていない?

何でしょうね、この拘り。
よくわからない拘りを持つ柳瀬輝ですこんばんは。


さて本日話しますは専門学校最後の課題について。
ていうか私今専門学校あんま行けてないんだが大丈夫か?

昨年も何か11月とかの忘年会シーズンは拙かったですねぇ。
まぁそれはそうと最後の課題は

読売新聞広告賞に応募しなさい、とのこと。
つまり広告賞に合わせた作品を創る、と。

そして題材を眺めていると一つ気になるもの、
その名も


Q-eyes


はて、Q-eyesとは何か。
ということ、タカラトミーが昨年発売した
チョロQの新規格であります。


Q-eyes

曰く、自走するチョロQである。
チョロQが自走するというのも違和感のある話であるけれど。

昔から慣れ親しんだものでありますが、
チョロQでブルパップぜんまいで走るあれですからね。

そしてこのQ-eyesに搭載されているのは障害物センサー。


Q-eyes

先端の黒いところにセンサーが付いており、
障害物を自動で避けて進んでいくという。

実際やってみると、確かに避ける。
片方のセンサーが反応すれば対象方向に避ける。

両方のセンサーが反応した場合の避け方も二つのモードがあり、
障害物と対した時に停止するか、一度バックしてから避けて進んでいく。


Q-eyes

成る程、確かにこのコンパクトボディに
「充電」「センサー」「回避行動」「電源」「状況判断」etc
と機能を詰め込んだのは非常に興味深い。

そしてその挙動自体もなかなかに面白い。
さて、ではこれで広告を創るにはどうすればいいのだろうか
という感じであります。

どんなのつくりましょうかね。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :