【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。

【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。

ゴッドイーターAGEって書くと妙にタイトルっぽいなぁ
とか書いた瞬間思いました、はい。

待ちに待ったゴッドイーターナンバリング最新作、
ゴッドイーター3が発売されました。

プレイスキルに関しては私自身低いのと
まだ感覚を思い出したり、掴めたりしていないので
戦闘システムより各種要素のおさらい的な内容から行きます。

あといつものように『プレイ感覚による感想』は書かないのでご了承ください。
ここがいい、とかここが改善できたら良いな、というのを書いています。
因みに私のGE歴は2とRBです。
初代とリザレクションは未プレイ。リザレクション体験版はやったけど。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
1.グラフィックの進化

最初に目を見張るのがやはりこれでしょう。
GE3体験版記事でも書きましたがグラフィックはシリーズ最高峰です。

PS4という機器においてのグラフィックレベルは中程度と思われますが
アニメ絵の再現と綺麗さで言えばやはりPS4の性能です。
前作までの旧グラのアップスケール版とはわけが違います。
(そもそも開発がシフトじゃないから全くの別物ですけど)


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
2.演出の進化

グラフィックと共に進化しているのは演出。
これはRBの追加DLCやリザレクションの追加シナリオ部分から該当しますが
恐らくPSPを切ったことで大幅にできることが増えました。

このためムービーの中でキャラが動き回る、
カメラアングルもぐるぐる変わる。
ちょっとした顔の仕草で感情表現ができる。

PS4のゲームとして当たり前な部分はありますけど
GEシリーズとしては本作で演出力がかなり高まっています。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。

日常会話シーンでのカメラの演出やキャラの動きもいいですが、
戦闘ムービーにおけるキャラクターもかなり動きます。

スクショが既にネタバレですが、
あるキャラとのバトルムービーは動きのキレ、演出共に凄いです。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
3.拠点フリーカメラ化

個人的に今作最も進化した部分。
拠点でのカメラがフリーカメラになりました!
ここ重要です!(個人的に)

GE1はPSPだったので置いておいて、
2もPSPとのマルチだったので置いておいて、
RBもGE2の下地の上に作っているだけなので置いておいて、
リザレクションはRBと同エンジンだから置いておいて…。

いや不思議ではあったのですけどね。
ミッションでフリーカメラできるなら
拠点でだってフリーカメラできるよなぁと。

それはさておきGE3は拠点内でのカメラもフリー。
言うなればGE世界を隅々まで見渡せます。
勿論女性キャラのパンツも(私はやっとりませんが)。

で、これ何が重要かというと例えば↓


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。


キースくんの会話中にカメラのポジションを変更してみます。
因みに会話中もカメラは動かせます。
(選択肢が出ているときは動かせません)

1枚目は普通に話している状態。
2枚目がキースくんの後ろに回り込んだ状態。
3枚目は立ち位置と壁を利用してアップにした状態。

拠点で普通に会話しているだけなのに
カメラの置き方一つで雰囲気が大分変わってきますね。
スクショをよく撮る身としてこれはとても有り難い。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
4.神機閲覧機能追加

体験版の記事でも書きましたが神機の閲覧機能が追加されています。
近接、銃身、盾を組み合わせた後ぐるぐる見渡せます。
神機好きにおすすめの機能。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
5.残念なところ1、武器の属性

変わって残念なところ。
まず攻撃属性が変更されている武器が見られます。

例えば金剛砕棒は破砕特化、ペイジは貫通特化でしたが
GE3では両方共切断属性が追加されています。

確かにバスターを破砕特化にすればハンマーが、
ショートを貫通特化にするとスピアの株に影響が出ますが、
破砕特化バスターを振りたかった身とすれば非常に残念です。

ひょっとしたらRank7武器で特化武器があるかもしれませんが。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
6.残念なところ2戦闘エフェクト

エフェクト過多は治らず。
これエフェクトが過剰なことよりも、
ヒットエフェクトが見えにくくなる方が問題なのですよね。
(元よりヒットエフェクトがわかりにくいのは別の話)


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。

例えばサイズのステップBAを当てるとこうなります。
ダメージ表示の関係で有効部位にあたっているかはわかりますが、
ダメージ消してる人にとってはさっぱりわかりませんね。

改善できるなら改善して欲しいところですね。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
7.それ以外は『維持』

それ以外のところは特に目立って変わっていません。
例えるなら、

クイック捕喰と空中捕喰が追加され、
ブラッドアーツが3つセットできるようになったGE2RBです。

細かい挙動の変更などはありますがだいたいこれです。
なんかGE2が出た時にGE BURST 1.5と呼ばれたのと同じような感覚ですね。


一応UIが使いやすくなったり、細々とした強化機能は追加されています。
コントローラーが最適化されてないのは
恐らく開発初期はVitaも視野に入れていたからではないか、
とは思うのですけどね。

ただダイブがR2+×なのは、
他のアクションがすべてR1+なのと混同して間違えやすいので
キーコンフィグを増やせるなら直してもらいところですね。


【ゴッドイーター3】対抗適応型ゴッドイーターAGEはじめました。
まとめ.これは紛れもなくGEです。

初回のGE3記事で触れるのはこれぐらいです。
プレイ感覚としては、これは紛れもないゴッドイーターです。

ただゴッドイーター過ぎて、
(アクション的には)特に新鮮味もないゴッドイーターです。

でも綺麗なグラフィックで演出も強化され、
ストーリー演出にも磨きがかかった
シリーズ最新作をプレイしたい人にはオススメできるでしょう。

初見さんも特に違和感なくゴッドイーターとは
こういうゲームなんだと入れるレベル。

というわけでGE3は何も心配することなくゴッドイーターをしております。
変化を見て躊躇している方も安心してプレイできるのではないかと。

因みに挙動の変化については技後硬直が多少長くなったと思って頂ければ大丈夫。
体験版時のようなレスポンスの悪さは(殆ど)ありません。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :