【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

これである


今回新しく追加されたただのボール。
しかしボールがただのボールであることは、
ガンダムブレイカー3をプレイした諸氏にとって驚くべきことでしょう。

そう、今回のボールは


パーツ分割されています!


前作でだんご3兄弟が関の山だったボールが普通にボールできる。
いやそうするとどこが『脚』なの?
と疑問は色々です。

そんなわけで今回は追加されたボールに関して色々。
あと画像多めです。ご注意ください。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
ボールの分割

まずはボールの分割方法から。
頭と胴体は3とほとんど同じです。

腕はクロー部分が該当し、バックパックもそれなりの場所。

しかし奇を照らい今回(アセン勢にとって)最大の功労者であるのは脚。
あのブースターノズルの部分だけが脚なのです。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

当然普通のMSにつけようものならこうなります。
ただの浮いてる台座です。

前作でもジオングの脚を使い戦闘機、戦艦を作る方はいましたが、
ボール脚はそれ以上に小さく目立ちません。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

故に撮影方法次第ではチェストフライヤーだって作れるのです!
……。コアスプレンダーついてますけど…。

また先日お話した通り、バーザム胴は脚を埋めることができるので
バーザムとボールを組み合わせると完全に脚を隠すことができます。

無限の可能性を秘めた素晴らしい脚(?)
アセン勢のプロの方がまた凄い作品を作ってくれることでしょう。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
ボールの腕

ボールの腕はアーム部分というより、それを固定する筒状のパーツから入ります。
MSに装着すると肩に筒を装着し、アームは前面に伸びます。
この変わった装着方がボール腕の醍醐味。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

逆にボールの胴体をMSに装着すると、
腕はボールにとって接続軸のない横から生えます。
因みにギャラリーのポーズで確認できますが
軸が増えるので腕が浮いてるわけではありません。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

そしてこの腕、胴体がボールの場合のみ、胴体の下に接続されます。
つまりボール胴は肩が2箇所存在するのです。
これが真価を発揮するのはギャラリー。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
ギャラリーの腕

ボール腕の肩可動軸はアームを接続する黒い丸の部分にあります。
ボール胴を使っている場合は胴体と腕の接続部分は固定式になるので
ギャラリーでどんなポーズをとっても黒い部分(肩)とアーム(肘)のみ可動します。

反面MS胴に装着した場合、MS本来の肩軸も可動するようになるため
肩(若干動きが小さい)、黒丸、アームの三箇所で可動するようになります。

こうするといつもと違った方向に武器を構えたり、
ビルダーズパーツを変な位置に装着(浮かす)出来たりもします。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
ボールバックパック

パックパックには特に秀でたところもありません。
が、スクショの通り1/144胴体に1/100腕を装着しても
接続位置はきちんと下になります。

色々と夢が広がりそうな何かを感じます。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
更に二つの追加要素

そして今回の目玉はなんとボールだけではありません。
一つがザクタンクの追加。

事前情報無し。
特異なアームと、脚部のマゼラベースは使い回しなし。
バックパックのアームは兵士フィギュアまで付いてると来ました。

あのマゼラベース、何故かEXがアースシェイカーだったりしますが
パーツ形状的には大変面白いものです。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
ビルダーズパーツ:兵士

そしてもう一つがこれ。兵士?
兵士のフィギュアです。

もう既にMSのパーツですらなくなってしまったビルダーズパーツ。
当然拡大縮小回転などなど、塗装もチッピングもウェザリングもなんでもござれ。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る

普通に使えばMSの整備風景や、胴体に乗せて巨大感を演出するなど。
変わった使い方をすればザクタンクバックパックとビルダーズパーツ、
そして兵士を使ったジオラマを作ってる人もいます。

これはこれで、とても変な方向へと幅が広がってきました。


【ガンダムブレイカー】その時Newガンブレに衝撃走る
11月20過分追加まとめ

というわけで今回のミッションでは
・ボール
・ザクタンク
に加え

・フルアーマーユニコーン
・バンシィノルン
・フェネクス
・バイアラン・カスタム
・リバウ

といった機体が復帰してきています。
とはいえ正直そんな復帰勢が霞むほどのボールとザクタンクと兵士の実力。
正直我々はサバーニャとハルートに気を取られすぎていたのかもしれない。
何やらNewガンダムブレイカーも凄い方向へと舵が切られてきたように思います。

とはいえ未だに公式のツイッターに不平不満を言う人はいますし、
まぁ正直なところ言われて仕方のない完成度とも言えます。

ブログで不平不満をいう私からするとお前が言うな状態ですが、
正直もう『公式』にツッコミに行かなくいてもいいだろうとも思うところ。


現段階のNewガンダムブレイカーはアセンブルを楽しめる人にとって
確実にプレイして損をするものではないでしょ。
反面得もしないでしょう。

もう一度いいますがプレイしなければ損はします。
Newをプレイできる人は是非とも、
ガンブレ3以上にぶっ飛んだアセンブルを楽しみましょう。

そこは楽しめます。確実に。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :