【フェイタルバレット】アファシスの声の感想

【フェイタルバレット】アファシスの声の感想

さて、DLC2弾の個人的な目玉、
追加されたアファシスボイスに関する感想です。

一応クリアしましたので。
長くプレイした口調順で行きましょう。


【フェイタルバレット】アファシスの声の感想
ボイス4番:お嬢様系

サンプル聞いて一番気に入っていたのですが
プレイしてみるとこれがどうしたことか。

元々のアファシスが持っている『アホの子』設定が
4番使っていると結構薄れるのです。

周りからの評価はアホ扱いないのに
本人と話しているとちっともアホじゃない感覚。

その代り他のキャラに比べ物腰丁寧、
主人公に対する接し方も序盤はちょっと上から目線ですが
他のアファシスのような小馬鹿にしたようなものでなく
保護者的な接し方。

総じて一般向けな性格をしているものの
他に比べパンチ力が欠けるという点も。

一番万人受けするとは思うので
アホの子が嫌いな人は選択してみるといいかもですね。


【フェイタルバレット】アファシスの声の感想
ボイス3番:元気っ娘系

プレイ途中からメインになっていたアファシス3番。
特徴はなんといっても殆どの台詞が他と違うこと。

他のキャラクターに比べ言い間違い、言い直し、
咄嗟の言葉遣いや感情表現方法、語彙の欠落など。
かなり強い差別化が図られているので新鮮です。

一番違いの出るイベントを動画にしたので
気になる方は見てみてください。
Twitterにあげたもの

2周目をされる方はかなり楽しめると思います。
ただ性格は1と同じでかなりアホの子なので
そういう意味ではあまり楽しめません。


【フェイタルバレット】アファシスの声の感想
ボイス2番:内気ないもうと系

正直各イベントでしか変えてないのですけど
特徴がないという欠点が……。

そもそも属性を統合するとユイと被ってる上に
肝心のアホ部分も『ドジっ娘』ぽくなるので
他キャラの台詞が合わなくなったりもしばしば。

なんといいますか、元々のアファシスが持っていた
場の雰囲気を牽引する力がとても弱いのですよね。

これなら台詞をもっと片言にして
とっても臆病な感じにするとうまく差別化出来たのではないかと思うところです。
その場合エモートと差異が出てしまいますけどね

個人的な評価、ボイス2は微妙です。


【フェイタルバレット】アファシスの声の感想
まとめ

今回のボイス追加は新鮮な雰囲気で周回できるという点ではかなりいいものです。
肝心の周回が億劫なのは前回の記事で話していますが……。

アファシス大好きな人は絶対満足できるの是非買いましょう。
今なら追加ダンジョンとボスもついてきます。



余談:
台詞が自由に設定できる別ゲーのアクセサリ ボイスパックには敵わない。多分。


【フェイタルバレット】アファシスの声の感想
追記:アファシス声優一覧
※クレジット上「ボイス2」表記なので、ボイスの並びを公式の紹介順と過程

女性:
ノーマル・高森奈津美
気弱な妹・古川 由利奈
元気いっぱい・三宅 麻理恵
お嬢様・小田果林(wikiだと小田花梨)

男性:
ノーマル・ 山本和臣
主人公・峯田大夢
美少年・雨澤祐貴
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :