【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編

【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編

先にシリーズ編で自分の中のいろいろ書いてしまいしたが
Newガンダムブレイカー カスタマイズ編です。
カスタマイズ要素の現状でのまとめと個人的な評価です。

【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編
1.変更された要素

まず前の記事でも書いた通り、
Newからインナーフレームが追加されています。
どう見たってガンダムフレーム。

は、さておき、これが機体の根幹となる部分。
Newは武器やパーツごとに設定された数値と
インナーフレームの数値で計算して性能が決まります。


更にフレーム用のアビリティを装備して
長所を底上げきる形式です。

なんですけど、12個取得できるアビリティに対して
一回の出撃で装備できるのは2つです。
元々の作り込みがちゃんとしててこれなら分かるのですけど、
現状のシステムから見ると2つは少ない気がしますね。

ただ例えば、製品版ではフレームそのものを強化できて
フレームの性能の底上げ、一度に装着できるアビリティが増える
などがあるなら話は変わってきますね。


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編

また今回はパーツの詳細な性能表示がありません。
なくても問題ないくらい要素が少ない、というのはありますが。

例えばガンダムのビームサーベルと
ギャンの専用ビームサーベルの比較。

プレイすればモーションが異なるのはわかりますが、
アセンブル中は攻撃力の違いしかわかりません。

画面上では同じ攻撃方法になっているものの、
攻撃力に2倍の差があります。

前作はモーションが違ったとしても
DPS/単時間辺りの攻撃力として共通表記になっており
とてもわかり易くなっていました。

が、今回はモーション名も威力表記も変わったため
アセンブル中では非常にわかり難いものになっています。


射撃武器も同様で、
撃ち方の違いと単発の攻撃力はわかります。
ではゲージ消費量に対して何発撃てるのか。

これが前作ではある程度推し量れるものになっていましたが
Newでは『使ってみるまでわかりません』

因みに現状マシンガンの威力は分かりにくいです。
ライフルより多く撃てるものの
どちらにせよすぐゲージが切れますし
飛んでいく弾が見えにくいので
ダメージも見えにくいからです。



【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編
2.消滅したオプション装備&

EXを主体としたシステム構成になったため
オプション装備はEXとして統合されました。

ついでに覚醒技はインナーフレーム用になったため、
前作のEXやオプション等を設定できた画面はEXのみになっています。

ということで『移動方法』の選択も消えました。
つまりGNドライブつけて歩行とか
ドム脚で歩行とかできなくなりました(現時点)。

これは本当に自分好みの機体を作る場合には
重要なキャパシティだと思っていたのですけど残念ですね。


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編

因みに移動方式の設定はなくなりましたが
使用する脚部によってインナーフレームの形状が変わるという
個人的に面白い仕様があります。

現段階ではガンタンク脚が該当し、
装備するとフロート型になります。
これはパーツアウトした場合にも適応されます。

まぁガンタンク脚の状態でパーツアウトしなければならないので
余り見る機会もないと思うのですけどね。
リアルタイムカスタマイズしたらインナーフレームも変わりますから。



あと単純な文句ですけどEX主体な割にEXのモーションが適当です。
例えばギャンシールドはミサイル撃てますが、
後退しながら使うと機体は画面手前を向いたまま
ミサイルは背後に発射するという芸当をしてくれます。

せめて発射口からちゃんと敵に向かうようにしような。
常識でしょう。最初射撃EXに発射角の補正がないのかと思ったよ。
かといってヘッドバルカンは角度補正ないので後退しながら敵を狙えません。
どういうこと?


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編
3.設定方法の変わったもの色々

前作のビルダーズパーツは部位を選択し、パーツを選びましたが
今回はビルダーズパーツを選択し、設置部位を変更する方式になっています。

利点とかそういう話ではないですが
これによって前作まで特定の場所に設定できなかったパーツが
制限解除されている可能性が(若干)あります。

ただガンダムのアンテナで設置場所LEGを選んだ場合は
腰にしか設置できないので制限は残ってるかもしれません。

そもそも何で前作から制限掛けてるんでしょうね。
私ガンブレ3でデモンベイン作ろうとしたとき
脚部にシールドブースターつければ良いんじゃないかと、
そう思ってたのに出来なくて失望しましたからね。


またこの設定方法は塗装時も同じで
前作では部位の位置にビルダーズパーツの塗装が有りましたが
今回は『ビルダーズパーツ』という枠内に全パーツが入ります。
塗装パーツはL2R2での切り替えですのでご注意を。


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編

同様の変化がエンブレムにも起こっています。
エンブレムを選択し、そこから設置場所を選択していく方式です。

このため同箇所にエンブレムを設置できるようになりました。
しかも30枚も。

ただ問題があり、カメラの回転によって
重ねたエンブレムの見え方が変わる場合があります。

私は『白の武』の下に『黒の武』を置いて縁取りをしてみましたところ
カメラの回転では変わりませんがパーツを入れ替えていると
順序が逆になったりしました。

不具合であれば直して頂きたいところ。


4.塗装について

塗装の基本的な仕様は変わっていません。
寧ろグラフィックの質が上がったので
(スライダーの数値は変わってるものの)
より綺麗な塗装が行える部分もあります。

ただ『快適性』という部分では非常に足りてない仕様です。
数値の増減が遅いとか。
一番の問題はカラーピッカーの場所が維持されないこと。

前作は色を選ぶとき、一箇所目で色を設定したら
二箇所目では一箇所目と同じ色にカーソルが合わさりました。
そのため連続で同じ色を設定するのに大変便利でしたが
今回はこれがありません。
つまり塗装するたびに色を選び直す必要があります。

あと同色一括塗装がなくなりました。
ただ私はこの機能を基本的に使ってなかったので
なくなったことに対する不便さがわかりません。
使ってた人はお怒りでした。

あと個人的に思うのですけど、
いい加減塗装中の機体を画面右に配置するのを
やめてくれませんでしょうか。

拡大したら機体の一部が見えなくなるので
その見えない部分を拡大してみたいときに非常に不便です。
横移動を実装してくれませんかね。


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編
5.ちょっとした便利機能

塗装やカスタマイズにおいて今回追加された機能として
機体を倒して見れるものと、武器の着脱があります。

前者は脚の裏など
ちゃんと見られなかった部分を確認するのに便利です。

ただ武器の着脱は非常に問題があります。
L3で武器を切り替えられますが、これ
・パーツの変更
・ビルダーズパーツの設定
の2つで元に戻ります。

つまり装備無しの機体でアセンブルを確認したくても
パーツ変えるたびに武器が出現するのです。
いや普通そこは武器無し状態を維持されるべきところですよね?


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編
6.カスタマイズの評価

現時点でのカスタマイズに対する評価は

・一応基本的な部分は(極一部を除き)できている状態
というのは念頭に

・圧倒的に足りてない配慮
というのが問題です。

これは前作のチークガードのような
左右対象ビルダーズパーツを含めての話。

ただ前作でも両腕やバックパック両サイドに
チークガードをつけようとしたら2枠消費したのどうでしょうね。
もちろん出来て然るべき部分ではありますけど。


【ガンダムブレイカー】Newガンダムブレイカーβ版 カスタマイズ編
7.空前絶後のモッサリ感

まぁそんなものより問題なのはこれですけどね。
機体の動作に快適性の欠片もない。

移動、遅い。
ブースト、ワンテンポ遅れる。
ブースト消費、何故か上昇中は滅茶苦茶消費する。
射撃、レスポンス悪い。
格闘、とにかく遅い。
EX、爽快感の欠片もない。
敵、格闘2発でコケるのにコケたら無敵
雑魚、↑の特性があるのに大量に湧く

と操作してて煩わしさ全開なのが何とも欠点。
まぁそれでも一応ちゃんと遊べるから質が悪い。

因みにそういうお前の『遊べない』基準はどこなのか
について他のゲームの話をしますが

『四女神オンライン』で『ラム』を使って
通常攻撃のみで雑魚を倒す場合ぐらいです。

あれは酷いですよ。
倒せるかどうかと言われたら倒せるだろうけど
快適性が本当に死んでます。


一応対人戦向けに、対人戦未経験者を対象にしたり、
素早い動きに対応できない人達に向けた調整をしようとした。
と理由付けをすることは出来ます。

ただそれと快適性は別の話でな。
(そもそもガンダムで対人格闘ゲームとか一部しかしない)

例えば昔PS2で発売されたゲームに
『機動戦士ガンダム一年戦争』というのがありますけど
あれ雑魚が大量に出てくるのに
システムの調整が挙動遅くしたVSシリーズみたいな感じだったんです。

何故アクションゲームに対人格闘ゲームのシステムを入れたと。
しかもそれを開発者はVSシリーズより快適に遊べるようにとか
全く逆の思想を持っていましたからね。

Newガンダムブレカーはアレと全く同じ状況なんですよ。
アクションゲームに無理矢理対人用機能を突っ込んでる形。

それでアクション部分が対人格闘並みに動かしやすいならいいんですけど
はじめから対人格闘を作ってると無視できる『慣れてない人』を
無視できないからどっちつかずな調整をしてしまう。
結果できてるのがアレなんですよ。


8.ではまとめる話をしよう

まず自分の(現段階の)評価として

・ガンダムブレイカーの基礎はある
・遊べないほどのものではない
・Newとして面白い部分もある
と前に置いた上で

・前作より圧倒的に劣る基礎以外の要素
・圧倒的に足りないユーザー配慮
・履き違えたアクション部分
というのを加えて

売れるわけないだろうなぁというのが正直な感想。
あとPV2で公言していますが
『前作より機体少ない』から『後から追加するよ』と。

つまり初期段階はどうあがいても前作を越えられない。
と免罪符のように自分で言っちゃってる状態です。

いい加減『足りない』を正当化するスケジュール管理や
初期を蔑ろにする販売方法は改められるべきと思いますよ。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント

- noname - 06/26 01:14

現状居ない機体の数が新規機体の十倍近くっておかしいですよね…
サイコザクのBPとかお気に入りだったのに…

- 柳瀬 輝(管理人) - 06/26 21:03

更に順次配信予定といってた機体は
図鑑を見る限り既に収録されている状態です。
もう少し隠す努力をしましょう、と……。
Name :
Title :
Comments :