【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

今回から三回、
リモコンカーの制作、試遊、解析編として
NintendoLaboの遊びの流れについて触れていきます。

初回は当然リモコンカーを作ることから。
箱に書かれている所要時間は10分ですが
撮影とかしながら作ってたら30分以上かかってました。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

解説動画ではまず制作するものの
工数(ステップ)を表示してくれます。

リモコンカーは簡単なので2ステップですが
「つり」になると5ステップあるなど
ステップ数により制作時間も長く
作りごたえのあるものになっていきます。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

作り方に関しては本当に動画の通りに作ればいいだけ。
この動画がかなり丁寧に作られており、
本当に迷うところはないぐらい確り作られています。

しかも説明書はどの角度からでも見られるのだから
今自分が手にしている段ボールの向き、
折った後の形、角度。

どんなことでも手に取るようにわかるので
これほど優れた説明書もありません。


個人的に唯一思うのは
段ボールの不要部分の説明が足りないところでしょうか。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編
※これはつりの解説動画

不要部分の説明に具体的な指示はなく、
最初の「段ボールのこの部分を使ってください」
の指示中にくり抜かれている部分が不要部分というだけです。

大きく抜かれている部分はわかるものの
例えば色の違いがなく本当に小さい場所などは
わかりにくいときもあります。

慣れたらどうってことないですが
各パーツを折る際の最初に一言あっても良かったかな、
程度に気になったところです。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

で、正直言いますと
「動画見てて迷うところがない」

と太鼓判を押せるぐらい完璧な出来なので、
どうやって作るの? て言われたら
動画の手順通りにやったら完成します。
ぐらいにしか言えません。

感想としてそれで良いのかって感じですが
そうとしか言えないぐらいの出来と思ってください。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

リモコンカーはステップ2で
作ったものとスイッチ本体を連結します。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

これも懇切丁寧に教えてくれるので
差し込む場所を迷うことはないでしょう。
ただ力加減と差し込む具合は
動画をよく見ながら行ったほうが良いかな、と。

このJoy-Conの接続は右に少し空白ができますが
実際作ってる時は最後まで押し込みたくなります。
でも動画がきちんと途中までになっているので
指示通り差し込めば破損等することもないでしょう。


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

というわけで確り差し込んだら完成。
こっから「さっそくあそぶ!」を押しっぱなしにすれば
リモコンカーの試遊へと向かいます。

というわけで


【NintendoLabo】リモコンカー 制作編

TAKE OFF

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :