【ゼノブレイド2】クリアしての感想

【ゼノブレイド2】クリアしての感想

新年早々、ゼノブレイド2クリアしました。
プレイ時間は79時間半。
寄り道、レベリング、登山、色々やっていたので
物語をすんなり進めるだけなら60~70時間あればクリアできるものかと。


プレイしての感想はただただ面白い。それにつきます。
勿論不満点もあります。特にUI周り。
また合う人、合わない人、確実にいる作品とも言えます。

しかしキャラクターが嫌とか面倒な戦闘が嫌、
という人でなければ確実に楽しめること請け合いです。

そんなわけで以降ちょっと詳し目に感想。
若干のネタバレが入りますのでご注意ください。


【ゼノブレイド2】クリアしての感想

まず100点満点で点数を付けるなら90点は堅いところ。
これはストーリー、戦闘、マップ、システム、音楽の良いところが
全ての欠点を大きく上回るからです。

特にストーリーは昨今のRPGの中でも頭一つ抜き出でいます。
まぁ最近ストーリーのあるゲームをあまりプレイしてないので何とも言えませんが。

多くは既に他のレビューサイトで触れられているので割愛します。
今更書いても他所様と被り過ぎますしね。


個人的に一つだけ欠点として思うのは
今回メインシナリオを二人で書いているため

5話で判明する用語が4話で使われている
など若干整合性の取れていない部分があったことですね。
頻度としては微々たるものです。


【ゼノブレイド2】クリアしての感想

戦闘はゼノブレイドシリーズとして普通のRPGと異なるのもあり
今まで通り普通のRPGから考えると少し面倒な戦闘です。

ただシリーズの中で見ると一番分かりやすい。
1は高ダメージを出すための方法がステータス頼り(+スキル)であり
クロスはアーツの倍率設定を増し増しにすればOK。

2の戦闘はドライバーよりもブレイドの必殺技に焦点が当たっているので
スキルを強化するよりブレイドの属性を如何に上手く使うかがポイントです。

このため前二作に比べ高威力の攻撃がやりやすくなっています。
とは言えその仕組みを覚えるまでは慣れが必要なので
普通のRPGに比べて分かり難いことは確実です。


また肝心のチュートリアルがかなり不足しているので
折角の良い要素を初心者に伝えきれてないことが欠点です。
というよりゲーム全体を通してとにかく
UIの説明が不足しているのが最大の欠点です。

マニュアルでもなんでもあればまた評価は違ったでしょう。


【ゼノブレイド2】クリアしての感想

マップは前に描いたので端折りますが、景観は兎に角ッ綺麗です。
冒険していて思わず口を開けてしまう場所が多く、
キャラクターを移動させているだけでもわくわくします。

まぁ後半は荒廃した場所や機械的なマップが増えるので、
景色は余り楽しめなくなりますけどね。


また今回はフィールドスキルというものを使って
マップを攻略していく要素があります。

看板を倒して道を作るとか、
滝を凍らせて登るとか、
電気システムを稼働させるとか。

それらにブレイドが持つマップ用のスキルを使用して
マップを切り開いていくというシステムです。

これはこれで探索に一役買っていて面白いシステムです。
けど、欠点もままあります。


まずフィールドスキルはエンゲージしているブレイドのみ使用可能。
つまり足りなかったら一々付け替える必要があります。

また宝箱、システムの起動、物を倒すなどは
一度解除すれば以降も解除されているのですけど
フィールドスキルで起こすアクションには
毎度そのフィールドをスキルを必要とします。

つまり再挑戦する時は同じ付け替えをもう一度やってね、と。

一つのアクションを越えた先で
二つ目のアクションが現段階で突破できなかった時。
再挑戦する時に一つ目のアクションで再度フィールドスキルを参照するため
挑戦する度にブレイドを変える必要があり、結構手間です。

これは正直一回解除したらずっと解除したままでいてくれ
としか思わなかったところですね。


【ゼノブレイド2】クリアしての感想

また今ではアップデートにより修正されていますが、
発売当初はスキップとラベルがかなりやり難くなっていましたし、
全体マップも非常に見辛いものでした。

今は修正されてある程度使える物になっていますが
前述したチュートリアル不足、フィールドスキルも含めて
UI周りがかなり不親切になっているのも欠点でした。

一応これに関しては今現在殆ど修正されていますけどね。


【ゼノブレイド2】クリアしての感想

音楽に関しては多分意見が分かれます。
曲その物のクオリティは今回も非常に高いものです。
クロスのように作曲家が突っ走り過ぎて
メインストーリーの場面と曲がちぐはぐなこともありません。

ただゼノブレイド1のようにストーリー、マップ、
共に完璧な整合性を見せていた選曲に比べると少々劣ります。


私が最初に気になったのはスペルビアの曲。
曲としては一番のお気に入りで探索も捗ります。

しかしスペルビアの情勢を考えると果たして合っているのかと。
土地資源に乏しく、巨神獣も絶命寸前、
他国に侵略行為を仕掛けなければならないような国柄。

果たしてこのような性質の国のBGMが
ここまでアップテンポでカッコいいものでいいのかと。
軍事国家的な曲ではあるけど激し過ぎないかなぁと。

まぁお気に入りなので探索が凄く捗るんですけどね。

以降も時々見受けられたので私は評価を一段下げています。


【ゼノブレイド2】クリアしての感想

さて色々書いてきましたが統括すれば非常に良いゲームです。
ゼノブレイド2のためだけにスイッチを買いましたが
買ってよかったと素直に思えるゲームでした。

そしてまだまだレアブレイドの入手やクエストのやり込み、
マップ探索に探索に探索。

やり込み要素は豊富に残っています。
以降もどんどん進めて記事にしていくのでお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :