【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

今回から数回に渡りゾイドバトルコロシアムの
個人的に評価している部分、各ゾイドの世界が入り乱れた
クロスオーバー満載のストーリーに関する記事を書いていきます。


バトルコロシアム自体の評価については
前の記事がありますのでよろしければそちらを。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

さてゾイドバトルコロシアムの世界観は

『全てのゾイドの世界が融合したゲームの中』

が舞台となっています。
メタ的に言えば当時稼働していた
ゾイドカードコロシアムの参戦ゾイドを
一つの世界観として構築したもの。

その為一つの世界に
・イヴポリス
・ジャッジシステム
・ブルーシティ
・キダ藩(ズーリの砦)

が存在します。ゾイドファン歓喜。
実際これがアニメの内容だけでなく
メディアミックス側も取り入れた世界観になっているので
ゾイドファンから見ても結構楽しめるものになっています。

そんなストーリーモードを
全三回(多分)ぐらいで紹介していきます。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

まず話の主軸としては
現実世界からゲームの世界に迷い込んだ少年少女三人が
元の世界に戻る手掛かりである「しんぴのゾイド」のチップを求めて
ゾイドの世界を冒険したりバトルしたりするお話。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

敵として設定されているキャラクターも
そのチップが欲しいので妨害や略奪を仕掛けてくるわけです。

オリジナルキャラはこの二勢力の計7人。
内二人はゾイドダッシュと同じなので
ゲーム自体のオリジナルは5人になります。


因みにオリジナルキャラをデザインしているのは
妄想戦記と同じ谷口欣孝氏(又の名はたにめそ氏)。

え? 絵柄変わり過ぎじゃない?
と思われるかもしれませんが
こちらの絵柄でセリカを書き直してるので問題ありません。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

そんなセリカが主人公達の案内役として参戦します。
因みにこの時セリカのことを主人公達は知らなかったので
主人公達現実世界の人間は『アニメゾイドのキャラ』
のみを知ってることになります。

これはカードコロシアムに妄想戦記ゾイドが
参戦していないことに起因するものと思われます。


ここで意味のない考察を少し。
カードコロシアムはストーリーがありません。
ゾイドを闘わせることに特化したゲームなので。

恐らくバトルコロシアムも同様のゲームなのでしょう。
だから主人公達もカードとして存在している
アニメゾイドのキャラクターは全員知っている状態。

しかし全てのゾイドを一つに融合させた世界では
当然カード化されていないキャラクターもいるわけで。
それの最たる例がカードコロシアムのキャラなのでしょう。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

それは共和国軍人であるセリカであったり、バックスだったり。

共和国軍人という設定であれば
当然軍人であるハーマンとも繋がりがあります。
こういうところが自然に繋がってるのも
このゲームの面白いところ。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

まぁそれ故に本来現実世界に参戦していないはずの
ヘビーアムドケーニッヒなども居るのですが……。
細かいことは気にしないでおきましょう。

こう考えるとカードコロシアムに参戦していないゾイドも
バトルコロシアムで使えるのはゲームの評価点でしょうか。


【バトルコロシアム】クロスオーバーストーリー その1

そんなこんなで「しんぴのゾイド」のチップを巡りながら、
原作の色んなキャラクターとクロスした世界観を楽しめる。
これがバトルコロシアムのいいところです。

世界観説明で一回使ってしまったので
記事の回数が増えるかもしれませんが
設定レベルでクロスしてるものもあるので
今後も面白い展開が待っています。

気になる方は是非ともプレイしてみて下さい。
プロイツェン閣下の設定とか凄いことになっています。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :