【パネキット】無限工作おもちゃ箱という存在

【パネキット】無限工作おもちゃ箱という存在

パネキット、それは1999年に発売されたPS1のゲームである。
ぶっちゃけ普通に買うと高い。
3000円以上はするはずなのですよこれ。

ところがPSVita、またはVitaTVがあれば
ゲームアーカイブで配信されている本作を
600円ちょっとの値段で楽しむことができます。

で、遊んでみてどうだったか。


【パネキット】無限工作おもちゃ箱という存在

実際面白い。
PSソフトでプレミア付いてるだけの価値はある。

ゲームの基本的な内容としては
1.パネルを組み合わせて色々な乗り物を作る
2.複数の大陸からなる広いマップを探索する
3.所々にあるミニゲームに挑戦する
以降繰り返し。


【パネキット】無限工作おもちゃ箱という存在

中でもクラフト要素はかなり自由であり
各パーツの動かし方も自分で設定するため
L1とR1を使って前進する車なんてのも作れます。

アクセルが固定ではない、これは大きいですね。
その辺にある「普通の車」とはまた違ったものを作れます。


【パネキット】無限工作おもちゃ箱という存在

ちょちょっと弄るだけで簡易変形モデルや飛行も可能。
まぁ飛行モデル作ったら探索が途端につまらなくなったので
ここは気の持ちようですけど。


【パネキット】無限工作おもちゃ箱という存在

兎にも角にも遊び方は自由、
オリジナルマシンを作るのもあり、
アニメなどから再現機を作るもよし。

無限工作おもちゃ箱の名は伊達ではありませんね。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント

- 通りすがり - 11/25 19:37

神ゲーですよね。当時はかなりハマったなぁ…
空を飛ぶと途端に世界が狭く感じるのは同意w

- 柳瀬 輝(管理人) - 11/30 00:55

ご無沙汰しております。
空飛んだ瞬間、あぁこれはゼノブレイドクロスと同じタイプだと思った次第ですね。
どうやら地上用のマシンを色々発展させていた方が面白いようで。
機会があったらまたいくつか作ってみます。
Name :
Title :
Comments :