【PSZOIDS】ゾイドゲーム界の名作、ただ裏を返すと…

【PSZOIDS】ゾイドゲーム界の名作、ただ裏を返すと…

今回の記事では個人的な見解を多分に含みます。
予めご了承ください。


【PSZOIDS】ゾイドゲーム界の名作、ただ裏を返すと…

巷ではゾイドゲームとして名作と名高いPSZOIDSシリーズ。
一作目のメカ生体の遺伝子と二作目ヘリック共和国VSガイロス帝国。

内容はSRPGにコマンド選択式の戦闘を加えたもの。
捕獲システムやカスタマイズ等ゾイドとしての機能を盛り込んだ
SRPGらしいSRPGゲームとして評判です。


しかしですね、個人的に思うのです。


それ以外の特徴がない、と。


PSZOIDSシリーズは余りに普通にプレイ出来て、
内容も一作目はゾイドらしいゾイドのゲーム、
二作目はパイロットも追加されシナリオも組まれたSRPG。


特筆して評価できるところとしては
ゾイドシリーズ唯一の3D骨ゾイドが使えるゲーム、ぐらい。
普通に遊べるというのはとても評価できるところかもしれませんが
如何せん普通に遊べ過ぎて語る処もないぐらい普通。

まぁ一点両者ともに戦闘のテンポが悪い欠点はあります。
あとPS作品なので仕方ないですがグラフィックとモーションは荒いです。


【PSZOIDS】ゾイドゲーム界の名作、ただ裏を返すと…

また一作目はそのタイトル通り『メカ生体時代のゾイド』しか登場しません。
二作目はブレードライガーからライガーゼロといった
アニメで追加された数々の機獣新世紀ゾイドが参戦します。

トリニティライガーとジェノハイドラも初の3D参戦を果たしています。
そういう点で二作目は評価できますかね。

しかしてそれ以外に書く事は本当に少ない。
名作であるが故の平凡。それが私の今のところの感想なのですね。

故にPSZOIDSシリーズはゾイドシリーズ屈指の普通のゲームであると。


【PSZOIDS】ゾイドゲーム界の名作、ただ裏を返すと…

まぁ、まだクリアはしてないのですけど。
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :