【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

久しぶりの食玩を作ってみたら想像以上だったお話


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

先日、以前より少し気になっていた食玩の陸戦型ガンダムを買ってみました。
というのもTwitterで出来が素晴らしいとの呟きを見たので。
しかし実際手に取ってみるとその完成度に驚くばかり。


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

まず箱を開けて出てきたのは彩色済みのボディと数枚のランナー。
ここで組み立てモデルだったことに驚き。
調べたらすぐ分かることもかもしれませんが驚き。


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

完成した陸戦型ガンダムを見て、更に驚愕。
これは本当に500円で作れるプラモデルなのか、と。


古い話になりますが、私が子供の頃に購入していたガンダムの食玩は
緑単色でパーツ数は4、稼働は肩が回るだけのガンダムデスサイズでした。
(記憶が曖昧で実際と異なる可能性もありますが)


対してこれはどういうことでしょう。
フォルムは完璧。色分けもされ、
顔などの細かいパーツは塗装も施されています。


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

可動範囲も立膝ができる下半身に


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

引き出し機構の肩


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

膝を曲げれば足の裏を合わせられるほどの稼働域


これが500円の食玩でできるものなのかと。
そもそも500円は当時の1/144の金額とほぼ同じ。
同じ額でも段違いの稼働域と精度。そして大きさ。

元々ミニプラの時点で凄いとは思っていましたが…。
私が作ってたのはマジレンジャー~シンケンジャー
あたりのミニプラでしたがあちらも合体機構の再現から
DX玩具にない稼働域の盛り込みまで変態技術の結晶でしたね。


【玩具系写真】ユニバーサルユニット 陸戦型ガンダム

というわけで今更ながら変態技術の塊に驚愕していました。
(3000円以上する奴らから目を反らしながら)


あと関係ない話ですが私はRGで陸戦型が発売されるのをずっと待っています。
陸戦型ガンダムこそRGのコンセプトに最も合致した機体だと思うのです。
早く発売されませんかね。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :