【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

前回は評価点について書いたので今回は欠点について。


まず大きな欠点としてあるのがその操作性。
私はVitaTVを使っているのでPS3コントローラーを使用していますが
それでもやはり悪いと感じるところはあります。
Vita実機であれば尚更でしょう。

個人的な話ですが、ダッシュや匍匐前進といった動作の
挙動が悪いという意見に関しては全く問題にしていません。
匍匐前進はまぁその場で方向転換出来てもよかったかなとは思いますが
ダッシュに関しては慣性掛かってた方が好きですから。


ただジャンプ周りには悪い点も多く。
ジャンプ中に着地点が見えにくいというのは往々にしてありますが
空中で壁に接触すると移動力がゼロになってしまいます。
それなのにこのゲームは壁際でジャンプすることが多いですからね。
これにより引っ掛かりと落下死が多発するのは欠点でしょう。


【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

またこれに関しては落下死の高さが不鮮明というのもあります。
机の上から飛び降りるのは大丈夫ですが、ベッドから机に飛び降りると死にます。
(ベッドから降りる場合机の高い部分に降りる必要がある)

またクッションやベッドといった柔らかい物に落ちても死にます。
こういうのがトランポリンのようになっていたらまた違いましたかね。


しかしこの辺りの操作性の悪さは恐らく『操作性』だけの問題なら
ここまでの悪評にもならなかったと思うのですよね。
では問題とは何か。

ずばりこのゲームの一番の欠点、イカ。


【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

公式ページでも事前に情報は出ていますが、
このゲームでは敵ユニットとして複数のイカが出現します。

イカの攻撃を掻い潜りながら寮生にハッピー弾を撃ち込む。
単純にハッピー弾を撃ち込むだけのゲーム性に
一味加えて遊びの幅を増やす。

という要素なのでしょうけど、バランスが非常に悪い。


【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

イカに関してはイカを殲滅する場合と
寮生に対する行動を妨害してくる場合の二通りがあります。

が、まずイカの殲滅戦に関しては回数多過ぎ、イカの数多過ぎ、
イカが高所に出過ぎ、当たり判定仕事してない。
などの理由により非常に鬱陶しい状態です。

そもそもコンセプトが寮生の観察なのに
イカの殲滅戦ばっかりなのも気がひけます。
これが全て女の子の敵を相手にしていたなら評価も変わるでしょう。


寮生に対する行動を妨害してくる場合は殆どの場合で無限増殖です。
つまりイカを始末してからゆっくりキャッキャウフフしよう
という行動は取れないのです。

コンセプトのメインに対する味付けなら良いのですけど
邪魔する要素を出し続けてたらコンセプトは光りませんね。

またイカは2話目から登場するので以降ずっとこの邪魔モノが入ります。
正直鬱陶しいですね。


【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

更にジャンルがガンアクションを謳っているのに
照準と弾の発射位置がずれているというとんでもない欠点もあります。

開発がバレットガールズを作ったシェードなので
何らかの原因により未調整のまま出荷しているのは確実ですね。


【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

またイカの当たり判定は異様に小さくこちらを発見すると常に移動しているので
近接攻撃である『踏みつけ』はほぼ当たらないわ
射撃もかなり外れやすいわでイカに関してはストレスの塊。

これらの関係でイカはゲームにいらないとまで思わせる始末。


【ガンガンピクシーズ】イカが全てを台無しにする 感想その2

更にイカと先程の操作性の悪さが組み合わさると最悪です。
まず高所に出現したイカを倒すためには壁際のボックスを伝う必要がありますが
先程書いたように高所へ行くのは落下死の危険と隣り合わせです。

落下死したらそのステージの最初からやり直しという部分も悪評の一端。
一応中間地点は任意に作れますが面倒です。

またイカが高所から落下するため
折角登ったのにイカを追ってまた降りると言う行動も必要になり少々ストレス。
まぁ降りるだけなら高所から落下しても死なない小技があるのですけどね。



というわけで本ゲーム最大の欠点イカに関するお話でした。
これ以外にも悪いところはありますがまた別記事で書いていきます。


操作は一応VitaTV使用で慣れたらどうってことないのですけど
実機だとどれぐらい悪いか分かりませんね。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :