【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

ゾイドサーガフューザーズ、ちょくちょくプレイしております。


現在最初の時限転移で初代アニメの世界へ飛んだところ。
一期のバンと初遭遇。


と、いったところなのですが、ここにきて一つ問題。
いよいよもって主人公のキャラ付けが良く分らない状態。

この主人公の性格は子供なの? 大人なの?
相変わらず思慮浅いけど前歴は?
などなど、今回は主人公ウィルについて考えてみることに。



ゾイドサーガフューザーズの主人公ウィル。
前回の記事で書いたとおり
彼はZiGコーポレーションという会社の跡取り息子です。

そして父である社長が誰かに殺されたため
犯人を追っているという事情があります。

ただこれは状況の説明でして、
それ以外の性格に関する情報はないかなと思うわけですが。


一応公式のアーカイブページで拾ってきましたが、キャラ紹介では


主人公ウィル。父親が何者かに殺され、父親の会社を継ぐことを拒否し、
Ziファイターをしながら犯人を探す。アクティーとは幼なじみ。


と書かれています。


この辺りはアトレー王子もアーカディア王国王子12歳ですし、
前作のゼルも元ゾイド乗り傭兵14歳ですから大差ないですか。

ただアトレー王子はその出生上、
子供っぽくあるもののかなり肝の据わった性格をしていますし、
ゼルは割と大人びていた印象ですね。

対するウィルは……お坊ちゃん?


それはさておきゲームの内容から少し触れますと、
ウィルの性格は結構ぶれます。


【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

まずブルーシティの目玉であるゾイドバトルにて。
原作フューザーズでもその特異性からかなり注目された
キラースパイナーのユニゾン。

これを知りませんでした。
割と重大なニュースを完全に無視していた主人公。
まぁこれは父の仇に集中していたためとして割り切りましょう。


【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

次に他キャラからの扱いですが
マスクマンは置いておいても
エミーやシグマからは頼りない扱いを受けてます。

外見がそうさせているのですかね。
ユニゾンのことを知らなかったらそう捉えられても仕方ないですが。

と思ったらブレードの不意打ちに素早く気付いてRDに注意を促すことも。
素性を隠すために敢えてヘタレを演じているキャラと見ることもできますが
前回の通り窃盗犯に後先考えずに突っ込む馬鹿ですからね。

この辺りでまず主人公がゾイドをどれぐらい扱えるかが分からない状態。
ともすれば初期習得スキルの中に『初心者』があるわけで、
そう考えればウィルはゾイド乗りとして未熟ということに。

なのに不意打ちに対応できるわ慣れた状況判断するわ。
結局ウィルは元から強いのかどうか。


あと口調も場合によってかなり変化して
マッハストームの面々には丁寧な口調、
ともすればRDに対してはタメ口(というより上から目線な言動する場合も)。

代表格は『敵がまだいるぞ、RD!』
これRDの小言に対しての言葉なのでちょっと考えもの。
別に『敵はまだいるよ、RD!』ぐらいでよかったんじゃないかと。


【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

普段の口調がこれですし。


【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

とまぁ主人公の性格や台詞は定まってないのです。
が、ぶっちゃけ他のキャラも変な言葉遣いしてます。

特にアトレー王子の初登場時。
初対面での状況説明とはいえタメ口使うキャラじゃなかったと思うのですけど。
(三銃士には命令する立場からかタメ口ですけど)

【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

(初対面の老人に対する台詞)


【SAGA FUZORS】プレイ日記二回目、主人公について

というわけで色々不安要素もありますサーガフューザーズ。
これからどうなっていくのか、やはり不安半分期待半分。

因みに画像は援護攻撃を要請した場合のグスタフ。
何故こちらはちゃんと白グスタフなのに図鑑はムンベイ仕様なのか。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :