【サンドロット系】進化する操作体系

ギガンティックドライブ

前回は初作であるリモートコントロールダンディの話をしました。
今回はサンドロットとしての初作であるギガンティックドライブについて。
とはいえ基本となっている部分は同じです。


ギガンティックドライブ

前作同様LRの4ボタンを使って移動を行います。
ギガンティックドライブに至っては、追加された移動方法は
ジャンプ中に旋回と攻撃ができるようになったぐらいです。

ロボットの移動に関しては前作と同様に動かせます。
ではどこが変わったのか。
それは攻撃方法です。


ギガンティックドライブ

前作は初期のPSコントローラー、
つまりアナログスティックがない時代の物に対応しています。

つまりはLRと十字キー、4ボタン+SELECT STARTで
全ての行動を賄わなければならなかったわけで、
確り全てのボタンを使ってロボットを自在に操っていました。

しかしPS2コントローラーはアナログスティック標準搭載です。
これにより両スティックとL3R3が使えるようになりました。

開発者はそこにどんな機能をあてがったか。
ずばり、腕の操作です。


ギガンティックドライブ

前作では○と□でパンチを行いましたが
ギガンティックドライブではスティック操作でパンチします。

右スティックが右腕、左スティックが左腕に対応、
単純なところで前に倒せばパンチします。

しかし無駄な動作に拘りを見せるのがサンドロットのスタッフ。


ギガンティックドライブ

パンチ以外にも後ろに倒せば腕を引き、
内側で腕を絞り、外側で脇を開きます。
実際にロボットの腕がそのように動いてくれます。


ギガンティックドライブ

これ特に制限がないので、腕は無駄に動かしまくれます。
前作のようにボタン押したらパンチというわけではないので
予備動作だけで腕を好きに動かせるのです。

これによりダンスのような変な動きも可能です。
敵が攻めてきているのに街中でダンスを踊るロボット。
実にシュール。だがそこが良い。


ギガンティックドライブ

話が反れましたが今作はスティックで通常攻撃を行います。
フックやアッパーも勿論スティック操作のみで行えます。

フックならスティックを外側に倒してから前へ。
人の腕がどの方向からどのように動けばフックになるのか。
直感的に、且つ視覚的にも分かりやすい操作方法ですね。

前作の小難しい腰の操作を必要とせず、簡単に強攻撃が出せます。
これにより不慣れな人でも操縦をイメージしやすくなったのが特徴ですね。


ギガンティックドライブ

アッパーもスティックを後ろに倒してから内側を通って上へ。
チョップはその逆。わかりやすいですね。


ギガンティックドライブ

じゃぁギガンティックドライブは腰の回転は必要ないのか?
と思うかもしれませんが実際必要ありません。
一応利点はありますがやり込みに使うぐらいです。

さて、そうすると前作で使用した○と□はなにができるのか。


ギガンティックドライブ

まず□ボタンは変形。

ギガンティックドライブ

これもギガンティックドライブの特徴。

前作でも確かに変形という要素はあったのですが、
実際変形してみると『座るだけだったり』して変形とは呼びにくい物でした。

しかしギガンティックドライブでは人型から戦車形態へ、


ギガンティックドライブ

人型から

ギガンティックドライブ

航空機形態への変形を破綻なくやってのけています。
ロボット好きには堪らない要素です。

(因みに攻略本のインタビューでは『大変過ぎてもうやりたくない』と言ってました。
そうはいっても超操縦メカMGでほぼ全機に変形をぶち込むこのやりようよ)


ギガンティックドライブ

さて残る○ボタンでは実弾兵器を発射します。
前作では実弾兵器もエネルギー性でしたが今作では弾数性に。


ギガンティックドライブ

また△ボタンでは前作同様エネルギー消費武器を発射できます。
この住み分けにより新たな戦術が生まれていくことに。


ギガンティックドライブ

更に増えたL3R3にも役目を持たせる徹底ぷり。
それぞれ腕部を武器に交換できます。R3で格闘用アーム、L3で射撃用アーム。

このようにギガンティックドライブでは増えたボタン分だけ
新しい要素を追加し前作とはまたちがったロボットの操縦性を生み出しているのです。

前作経験者もまた新鮮な感覚でプレイできるわけですね。
……………………。
まぁその増えた機能を使うかどうかは置いておいて。


ギガンティックドライブ

ここまでギガンティックドライブで追加された操作方法です。
前作の味を残しつつ、操縦法は新たなる境地へ。
ロボットを操縦している感覚はそのままに
より操作しやすい体系へと変化した感じですね。

まぁこれと街の被害を考えなくてよくなり
難易度が激減したのが欠点と言えば欠点なのですけどね。


次回はそんなギガンティックドライブの欠点を
(ゲームとしての評価は下げながらも)吹っ飛ばした
リモートコントロールダンディSFのお話です。

関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :