【ゾイドインフィニティ】ACモードエンディングから見る開発環境

【ゾイドインフィニティ】ACモードエンディングから見る開発環境

本日はゾイドインフィニティのお話。
ゲーム内容が面白いかどうかは置いておいて
先に開発環境のお話と洒落込みましょう。


このゲームは元々ゲームセンターで稼働していたものです。
それをPS2に移植するに当たり家庭機オリジナルモードを追加しましたが
今回はAC版をそのまま移植したACモードの方。

因みに他のゾイダーの感想だと
『ゾイドインフィニティフューザーズはACモード以外クソ』とのこと。
その辺の違いについては追々話していきます。


【ゾイドインフィニティ】ACモードエンディングから見る開発環境

さてこのゾイドインフィニティ、稼働時は
『トミーとタイトーの共同開発』という告知でした。

しかしゾイドゲームプレイヤーなら当然分かっています。
これを開発したのは翔泳社です。モーション、グラフィックが全てそうですから。

ではどこまでが翔泳社の担当なのか。
今回はACモードのエンディングからインフィニティの中身を見ていきます。


【ゾイドインフィニティ】ACモードエンディングから見る開発環境

ぶっちゃけエンディングクレジットで諸に翔泳社があるわけです。
何故こうも堂々としているのにトミーは下請けを公表しなかったのか。


各社の打ち分けを箇条書きで簡単に書くと

トミー
・企画
・各種マネジメント
・マーケティング
・広報
・宣伝

翔泳社
・プログラム
・3Dグラフィック

タイトー
・グラフィックデザイン
・ネットワーク/サーバー管理
・Webデザイン
・サウンド(ZUNTATA担当)
・テストプレイ

という具合です。
え? 翔泳社それだけなの? と思われるかもしれませんが、


これゲームの根幹部分です


つまりゲームのその物は翔泳社が作り、
それを動かすための筐体とそこに関係したシステムをタイトーが担当し、
トミーが全面的に広報や宣伝を行っていたということでしょう。


【ゾイドインフィニティ】ACモードエンディングから見る開発環境

実際面白いのかどうかと言われたら私がこういうゲーム苦手なので評価はしづらいです。
ゲーム内容を端的に言い換えればゾイドでバーチャロンやるようなゲームですしね。
ゲームセンターでちょっと変わった3D格闘ゲームやるような感覚です。

とはいえグラフィックはある程度VSシリーズから流用してますし、
SEやモーション関連もそうでしょう。
気になるのは鳴き声系のSEが中途半端なことですか。
そこはまぁ翔泳社クオリティですね。


【ゾイドインフィニティ】ACモードエンディングから見る開発環境

因みにゾイドバトルコロシアムのエンディングクレジットの
SEモバイル&オンラインのスタッフ名とインフィニティの翔泳社スタッフ名はほぼ一致します。
まぁつまり流用とかそういう部分が窺い知れるスタッフ名ですね。



総評:
ゾイドインフィニティはAC版家庭版共に翔泳社製です。


関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :