【N64】NINTENDO64の話をしましょう

【N64】NINTENDO64の話をしましょう

今回からちょくちょくニンテンドウ64について記事にしていきます。

一回目の本日は64そのものについてです。
因みに現在所持本数は16本。

国内で発売されている64のソフトは206本。
特別版などあるので実際はもう少し多いですかね。

それにまぁ状態気にしなければすぐ手に入りますけど、
やっぱ綺麗なのが欲しいですからね。

というわけで64本体の話に参りましょう。
因みにスペックとかの話ではなく
感覚的な話になりますのでご了承ください。


【N64】NINTENDO64の話をしましょう

NINTENDO64。
FC、SFCと日本のゲーム機業界を作り上げてきた任天堂が
SFCの後継機として1996年6月23日に発売した第5世代ゲームハード。

当時ゲームシェア一位を記録していたPSを凌ぐ
超ハイスペックを叩き出す最先端ゲーム機です。
どれぐらい凄いかというと、
1PプレイでPS以上のグラフィック、
PSと同程度(またはちょこっと上)のグラフィックで
4人同時対戦が可能という優れ物。

代表例がマリオカート64ですかね。
・当時としてはかなり上位の3Dグラフィックで
・当時としてはかなり広大なレース場を
・4人同時に走っても処理落ちしない
(実際は4人同時プレイ時に処理を早めることで
処理落ちを感じさせていない部分はありますけど)
という驚愕のスペックを誇ってました。


【N64】NINTENDO64の話をしましょう

元よりこの時期の任天堂の路線は
友達が集まってワイワイゲームやるような方向性でしたよね。
今みたいにインターネットもインフラもない時代、
ゲームを持ち寄るのも難しいなら
一本のゲームを多人数で遊ぼうぜ、みたいな?
コントローラーの端子も初めから4つありますし。

しかし今の子供たちってどれぐらい
友達の家に行って遊んだりするんでしょうね。


【N64】NINTENDO64の話をしましょう

しかしこれだけのグラフィック表現ができるゲーム機、
発売したのはもう20年も前なのですよ。

1996年。Windowsで言ったら95の時代です。
CPUが75MHz、RAMが8MB、HDD500M以下とかいう時代です。
それが何十万で発売されていた時代に
それより遥かに高性能なゲーム機を
僅か25,000円で発売した任天堂。素晴らしいですね。
(まぁPSも似たようなことしてましたが)


【N64】NINTENDO64の話をしましょう

そんなハイスペックさも去ることながら
個人的に64が好きなのは
発売されたソフト類の斬新さ。

例えばローンチタイトルであるマリオ64は
当時殆ど無かった3D箱庭系アクション。
当時の有名なものだとバイオハザードですか。
しかしバイオハザードのような
高難易度のゲーマー向けゲームではなく
軽快に動かせ難易度もそれほど高くないマリオ64。

子供の心を鷲掴みにするには
十分のゲームだったと思うのですよ。

そして後にゲーム初の音声認識を搭載した
ピカチュウげんきでちゅうを発売したり、
対戦格闘ゲームに新しい風を吹き込んだ
大乱闘スマッシュブラザーズを発売したり。

本当に、64のゲームには快作が多いのですよ。

そんなニンテンドウ64が私は大好きだってお話でした。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :