【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

ネタは保存してあったのに更新まで大分間が空いてしまいました。
最近プレイしているヒットラーの復活について話をします。

正式名称 ヒットラーの復活 TOP SECRET
元はカプコンがアーケード用に開発した
トップシークレットというゲームで、
ファミコンに移植するに当たり要素を受け継いで
ストーリーなどを加えて変更したもの。

発売日は1988年7月20日。
28年も前のゲームですってよ。


【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

ストーリーはある計画を実行するために
ヒットラーを復活させようとしてる組織があり、
それを阻止するという内容。

因みにヒットラーは実在したヒットラーのことです。
ナチスドイツで独裁政治してたあの人です。
そのためか海外版では「ヒットラー」が登場しません。
グラフィックがヒットラーのままなんですけどね。


【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

ファミコンとしては非常に綺麗なグラフィック、
そして斬新な操作性といったところが評価されて
今はプレミアソフトになっているんでしょうね。

中古市場では定価よりも遥かに高額です。


【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

先程も書きましたが特徴的なのはその操作性。
主人公は一切ジャンプができず、
立体的な移動は全てこのワイヤーを利用します。

私、初めてプレイ動画を見た時は感心してしまったのですよね。
このワイヤー、斜め方向と上方向に射出して天井に設置すると
後ボタン操作でジャンプや巻き取って天井を登る、
などの操作ができるわけですが、

【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

斜め射出した場合、このように振り子運動をするのです。
(静止画だと分かり難いですね)

この振り子運動が非常に綺麗で、
ファミコンでこんな処理ができるもんなんだな、
と思ってしまったわけです。

しかし仕様が割とシビアで↓

【レトロフリーク】ヒットラーの復活 01

よく事故死するんですけどね。
慣れないと非常に難しいゲームでもあるわけですね。

そんななのでまだステージ1すらクリアしてません。
私アクションこんなに下手でしたっけね……。
最近のゲームが凄く簡単なのもありますが。


というわけで進行したらまた記事を書いていこうと思います。
その合間に別の記事を挟みますけどね。

ではまた。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :