ファミコンのゲームとかに思うこと

一週間ぶりぐらいです柳瀬 輝ですこんばんは。
いやはやちょっとした作業をしていたので少々空いてしまいました。
楽しいのでいいんですけど。


では何をしているのか。
それはファミコンのゲームを調べることです。
レトロゲームっていいっすね。
ファミコンとか調べてると
あの低性能なゲーム機で
こんなんできるのか!?
とかビックリするじゃないですか。


今日はそんな覚えた中から
個人的にこれは凄いと思ったゲームをちょくちょく紹介します。


1.暴れん坊天狗

一つ目はこちらのシューティングゲーム。
これ凄いというよりも単純に大笑いしたゲームです。

天狗のお面が空を飛んで街を破壊するんですよ?
もうわけがわかりません。
どんなコンセプトのゲームだって感じです。



2.KAGE 闇の仕事人

続いてこちらの忍者アクション。
ファミコンのゲームなのにグラフィック、音楽、
そして取れるアクションの数と高レベルで纏まった作品です。



3.キャプテンセイバー

名作らしいんですけど
なんか主人公がシュワちゃんに見えて仕方ない…。



4.魂斗羅

そして私が一番衝撃を感じたゲーム、魂斗羅。
これだけのグラフィック、演出、操作性、アクション、etc
こんな凄いものがファミコンで作れるのかと思ったゲームです。

因みに続編としてスーパー魂斗羅があるのですが、
こちらは凄いには凄い物の何故かあまり衝撃を感じません。不思議。



5.ターミネーター2

人間を5,6発殴らないと倒せないターミネーターです。



6.ドラゴンズレア

モーション、操作性、グラフィック、マップ構成、etc
何をとっても酷いと言わしめる伝説のクソゲー、とのこと。



7.バトルフォーミュラ

こちらもゲームのバランス等傑作と言われるゲーム。
また生産数も少なく、現在の中古市場では
べらぼうなプレミア価格のゲームです。


8.ヒットラーの復活

私がプレイ動画を見て凄くやってみたいと思ったゲーム。
あのワイヤーアクションを一度体感してみたいものです。



そんな感じで数個紹介してみましたが如何でしょう?
え? 途中クソゲーが混じってたって?

気にしない、気にしない。
いつの世にだってクソゲーは


あるものです


あといい動画がないので紹介できない
星をみるものというクソゲーもあります。

まぁこれはクソゲーかどうかという評価も
わかれているのですけどね。

そんな感じで現在調べ物中。
普通の更新はまだいつになるかわかりません。

またの機会に、よろしくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト




▼ この記事へのコメント
Name :
Title :
Comments :